ホスティングサービス ドメインをとろう(取得代行) メール設定マニュアル Q & A
料金表 CGI使用方法 ドメインいろいろ ウィルスチェック サービスのお申込

.co.jp
一言で言うと:JPNICが管理している日本の「会社」のためのドメイン
「株式会社」「合名会社」「合資会社」「有限会社」「相互会社」「特殊会社」「信用金庫」「信用組合」「外国会社」に該当する組織しか取得することはできません。また、1組織について1ドメインしか取得できませんので、「静岡支社でドメインをとろう」なんていうのは認めてもらえません。
会社だからcompanyとかcorporation のことかと思うと、そうではなくて、商業を意味する「commerce」のcoのようです。
≫ ドメイン取得代行サービス
 
.ne.jp

一言で言うと:JPNICが管理している日本の「ネットワークサービス」のためのドメイン

「ネットワークサービス」を行っている組織のためのドメインで、弊社も含めたいわゆる「プロバイダ」はほとんどこれを使っています。 でも、日本最大の某プロバイダは.comですし、県内の某プロバイダは.or.jp(弊社も昔はコレでしたが)、ADSLでご協力いただいているゼロさんはad.jpなんかを使ってたりします。逆に、某ネット証券、某自動車メーカーなどもne.jpを使っていたりします。要するにJPNICがいうところの「ネットワークサービス」に該当すればいいわけで、そういう意味では、準備さえできればどこでもとれる。といえるでしょう。
≫ ドメイン取得代行サービス

 
or.jp

一言で言うと:JPNICが管理している日本の「組織」のためのドメイン

「財団法人」「社団法人」「医療法人」「宗教法人」「監査法人」「協同組合」「社会福祉法人」などが該当します。ne.jpがなかったころは、プロバイダはこれを使っていました。
≫ ドメイン取得代行サービス
 
ed.jp ac.jp

一言で言うと:JPNICが管理している日本の「学校」のためのドメイン

幼・小・中・高校までは、ed.jpで、短大・大学はac.jp。基本的にはこれでOKです。
それぞれ、education、academy のことですね。
≫ ドメイン取得代行サービス
 
gr.jp

一言で言うと:JPNICが管理している日本の「グループ」のためのドメイン

グループのためのドメイン。ちゃんと手続きさえすれば、「仲良しグループ」「○○高校野球部」でも取得できます。jpドメインではかなりユルいドメインです。
≫ ドメイン取得代行サービス
 

go.jp

一言で言うと:JPNICが管理している日本の「おかみ」(?)のためのドメイン

government:政府。官庁や国立の機関などがそうです。ちなみに「インパク」もgo.jpですね。

 

.jp(汎用JPドメイン)

一言で言うと:JPNICが管理している日本のドメイン。短いのがウリ。

これは、いくつでも取れますし、だれでも取れます。まだ使えませんが、日本語でも取得できます。
≫ ドメイン取得代行サービス

 

com net org..........

一言で言うと:INTERNICが管理しているドメインで結構いろんなのがあります(笑)。

.com、.net・・・「商業団体」「ネットワークサービス」ということになってますが、何でもありです。日本人の苗字.comなんてほとんど取得済みですし・・・。ほかにも、.edu .gov .mil .int なんていうのがあります。
≫ ドメイン取得代行サービス

 

cc to tv fm am.........

一言で言うと:どっかの島やら地域やらのドメインです。どこなのかすらわかりません。

cc・・・えっと、ココス諸島(?)というところのドメインです。以降、順に、トンガ、ツバル、ミクロネシア、アルメニアとなります。これらは海外のドメインですが、上記を始め日本からでも取得可能なドメインが多く存在します。それ自身が言葉だったり、語呂がよかったりするので、結構人気があるドメインもありますが、同じく日本からでも取得可能なマラウィのドメイン「mw」なんかは、あんまり拝見しませんね。
≫ 取得を希望される方はお問い合わせ下さい



Copyright 2008 Shizuoka Internet Inc.