他のOSでの設定 ≫

Windows 2000 編

スタートボタン→コントロールパネル→「ネットワークとダイヤルアップ接続(N)」をクリックします。

「ネットワークとダイヤルアップ接続」の中の「新しい接続の作成」アイコンをダブルクリックします
  ネットワークの接続ウィザード」の画面が表示されます。


「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「ネットワーク接続の種類」の画面が表示されます。


インターネットにダイヤルアップ接続する(D)」にチェックを入れます。

「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「インターネット接続ウィザードの開始」の画面が表示されます



インターネット接続を手動で設定するか、またはローカル エリア ネットワーク(LAN)を使って接続します(M)
にチェックを入れ、「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「インターネット接続の設定」の画面が表示されます。


電話回線とモデムを使ってインターネットに接続します(P)」 にチェックを入れ、「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「 インターネット アカウントの接続情報」の画面を、以下のように設定します。



アナログ・ISDN回線をご利用の場合は 0570-010-987
PHS回線をご利用の場合は 0088-36-3636 を入力します。

「市外局番(R):」 お使いのアクセスポイントの市外局番を入力
 アナログ・ISDN → 0570
 PHS       → 0088


「電話番号(T):」 お使いのアクセスポイントの電話番号を入力
 アナログ・ISDN → 010-987
 PHS       → 36-3636


「国番号(U):」  「日本(81)」を選択

入力が終わりましたら、「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

[ダイヤルアップネットワーク]に、接続用アイコンが作成されます。

「インターネット アカウントのログオン情報」の画面を、以下のように設定します


「ユーザー名(U):」 ダイヤルアップ接続IDを入力します 例) ユーザーID@d.shizuokanet.ne.jp
※ ユーザIDのみの入力では、接続ができません。

「パスワード(P):」 ”ダイヤルアップ型IP接続サービス登録のご通知”内 パスワードを入力します。

入力が終わりましたら、「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「ステップ 3: コンピュータの設定」の画面を、以下のように設定します。


「接続名(C):」 静岡インターネット と入力
 ※任意の名前でも構いません。

入力が終わりましたら、「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

「インターネット接続ウィザードを終了します」の画面が表示されます。


「完了」ボタンをクリックして、設定を終了します。

「ネットワークとダイヤルアップ接続」の画面に戻りますので、アイコンを右クリックして、表示されたメニューから「プロパティ(R)」を選択します。 接続アイコンをマウスの右ボタンでクリックし、「プロパティ(R)」を選択します。

「全般」タブ内の「電話番号の入力」設定値が正しいことを確認します。


「ネットワークとダイヤルアップ接続」の中の接続アイコンをマウスの右ボタンでクリックし、
 「接続(O)」を選択します。

「接続」ダイアログを以下のように設定します

「ユーザー名(U):」 ダイヤルアップ接続IDを入力します 例) ユーザーID@d.shizuokanet.ne.jp
※ ユーザIDのみの入力では、接続ができません。

「パスワード(P):」 ”ダイヤルアップ型IP接続サービス登録のご通知”内 パスワードを入力します。

「電話番号(N):」 アナログ・ISDN回線をご利用の場合は 0570-010-987
           PHS回線をご利用の場合は 0088-36-3636       を入力します。

以上で変更は完了です。「接続」ボタンをクリックし、一度接続が完了出来れば
 変更設定は保存されます。
他のOSでの設定 ≫

[an error occurred while processing this directive]